ジャクソン・ブラウン 2017年10月21日(土)

おはようございます。今日も雨ですね~。まあ仕方ないか~。

昨日はある会の後、夢実現先取り祝いで時々行く大好きなアメリカンの店に。ここに来るとサラリーマン時代に出張で行っていたアメリカのお店を思い出します。年2回は行っていましたからね。

この時素敵なライブミュージックが流れていてギターが超上手いし、ピアノもすごいし声良いしと思い、今回初めて会った英語しか話さないスタッフの男性に尋ねました。「Excuse me , who is this artist please?」。合ってる? そしたら彼が「JACKSON  BROWNE」と答えてくれた。

ジャクソン・ブラウン?知ってます。もちろん。レコード会社時代、彼のコンサートも見てる。もう何十年も前だけど。彼のアルバムレコードも持って放送局回りもしたと思います。そうか~。今もバリバリで活躍しているんだ。しかも今来日公演中らしい。あの頃は奥さんを亡くしてお子さんを一人で育てているという、ちょっと哀しいイメージがあったけど。アルバム「プリテンダー」の頃ですよ。

彼の歌詞を理解できるほど、英語解らないし、才能、音楽性、知名度、人気、ルックス他。比べるべくもないけれど、何か嬉しいですね。年齢も自分よりちょっと先輩。勇気をもらいました。でも流れていた彼のライブ演奏、本当に良い音がしてました。実際そこでライブを聴いているような。とても素敵な時間でした。

さあ、お陰様で自分も心機一転、帯広のコンサートに向かっていこう。

投稿者: Kashihara Gen

大学卒業後いくつかの職場を経験した後、外資系ロックレーベルが大人気のレコード会社洋楽部に5年間勤務。この間聴いた様々な音楽、コンサートはその後の曲作りに大きな影響を与えました。その後別の外資系企業で 自分なりに学んでいた陽転思考、積極思考を実体験。また多くの方々との出会いの中で目に見えない世界をへの洞察が広がっていく。その間も詩、曲ともオリジナルの歌を歌い続けて40余年。「自分に正直に生きる」「あなたはあなたのままでいい」「自分を好きになろう」「いくつになっても夢を見ていい」等の、自らの等身大の生き方がそのまま曲となり多くの人々の心に直接響き、心のカタルシス(浄化)を促すシンガーとして世代を超えて全国にファンが広がっています。深く甘く澄んだ癒しの声とメッセージ性の高い歌詞、ゆらぎとなって聴く人の心の奥に沁み込んでくる歌い方から、音霊と言霊のメッセンジャーとも称されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です