スピーカーケーブル

こんにちわ。お立ち寄りありがとうございます。すっかり秋から冬へと季節が移っています。

昨日、ヒョンな事からスピーカーのケーブルを交換しました。いわゆる4芯タイプというものに交換しました。普通スピーカーケーブルは2芯というものらしい。確かにコードが1本ずつ、プラス用とマイナス用で。4芯は其々2本ずつあります。同じ色目のものを2本まとめてプラス用、マイナス用となります。

此処にはスピーカーとアンプが離れているステレオの音響装置が3つありますが、この3つとも交換。結果すべてで音が劇的に変わった感じがします。全体に音が良く通る感じになり、メリハリが効き、低音がかなり出るようになりました。モニタリングはヘッドフォンがメインで行っていますが、最後はきちんと音を出してチェックします。いわゆるあまり高価ではないラジカセでもチェックします。最後はカーステレオでチェックしています。

3つの装置。2つはモニター用で、安い中華アンプにBehringerのこれまたそんなに高くないパッシブモニタースピーカー(2Way)を繋いでいます。1つは20年くらい前の古いVictorのアナログアンプに、手製の10Cmウッドコーンスピーカー(フルレンジ)を繋いでいます。リスニング用は、Sonyのいわゆるシステムステレオに手製の8Cmスピーカー(フルレンジ)を繋いでいます。

このいずれもが上記のような変化が現れました。スピーカーケーブルを替えるだけで音がこんなに変化するとは思ってもみませんでした。芯が2倍になった分、音が2倍通り易くなったということかも知れません。4本分の芯の外皮を外して中の線を出すのは結構大変でした。結局100均にワイヤーストリッパーという道具を買いにいきました。100円だけに、下手するとケーブルを全部切ってしまうという事が何度かあって、焦りましたが、うまくいくと便利な道具でした。

このケーブル、サウンドハウスさんで安いほうから2番目。6メートルで600円。6メートルでギリギリ3台分間に合いましたが、あと1メートル余分に買っておいた方がベターでした~。でも600円でこれだけ音が良くなるなら、もっと早くやりたかったなーと思った次第です。どうせならいい音で気持ちよく聴きたいですものね。

スピーカーケーブル、興味ある方は → こちらです。

 

画像は美と豊かさの女神、ラクシュミのお祭りの日に食べる特別なお料理です。

 

CIMG0381

投稿者: Kashihara Gen

大学卒業後いくつかの職場を経験した後、外資系ロックレーベルが大人気のレコード会社洋楽部に5年間勤務。この間聴いた様々な音楽、コンサートはその後の曲作りに大きな影響を与えました。その後別の外資系企業で 自分なりに学んでいた陽転思考、積極思考を実体験。また多くの方々との出会いの中で目に見えない世界をへの洞察が広がっていく。その間も詩、曲ともオリジナルの歌を歌い続けて40余年。「自分に正直に生きる」「あなたはあなたのままでいい」「自分を好きになろう」「いくつになっても夢を見ていい」等の、自らの等身大の生き方がそのまま曲となり多くの人々の心に直接響き、心のカタルシス(浄化)を促すシンガーとして世代を超えて全国にファンが広がっています。深く甘く澄んだ癒しの声とメッセージ性の高い歌詞、ゆらぎとなって聴く人の心の奥に沁み込んでくる歌い方から、音霊と言霊のメッセンジャーとも称されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です