最高の人生のつくり方

なでしこジャパンの余韻が冷めやらぬ昨日、♪25000回のありがとう のCDを3枚買って下さった方から嬉しいお葉書が届きました。こういうお便りいただくと、「自分の人生これで良かったかも~」とオーバーですが思います。皆様のお言葉に元気をいただいて、また歌っていけると感じます。ありがとうございます。

人生と言えば「最高の人生のつくり方」という映画を昨日観ました。現代はAnd So It Goes というの。そしてそのようになります、という感じのニュアンスでしょうか。主演はマイケル・ダグラスさん と ダイアン・キートンさん。ダイアン・キートンさん、大好きな女優さんの一人です。今回はジャズシンガーの役。ジャズも歌っています。ご本人が歌っているようです。2人とも伴侶と死別している身。2人はマイケル・ダグラスがオーナーである湖の畔のアパートに隣り合って住んでいる。ある日父子断絶しているマイケル・ダグラスのダメ?息子がいきなり孫娘を数か月預かって欲しいと、無理やり置いて行く。因業で頑固な感じのマイケル・ダグラスが、ダイアン・キートンの助けを経て孫娘に心を開き、やがて無実の罪で服役した息子とも心を通わせ、そしてダイアン・キートンへの愛に目覚めていく・・・というようなストーリー。とても素敵な映画です。アメリカ映画らしくちょっと大人っぽいシーンはもちろん出てくるのですが。ハッピーエンドがいいですね。劇中でダイアン・キートンが歌う♪シャドウ オブ ユア スマイル。いい曲ですね。使われているテーマソングも昔の曲ですが、いい曲というのは何時聴いてもいいんですね~という事を再認識した映画でもありました。30歳以上の方?にはおススメの映画かと思います。もっと上の年齢の方にはもちろん更におススメですが。

IMG_8441

投稿者: Kashihara Gen

大学卒業後いくつかの職場を経験した後、外資系ロックレーベルが大人気のレコード会社洋楽部に5年間勤務。この間聴いた様々な音楽、コンサートはその後の曲作りに大きな影響を与えました。その後別の外資系企業で 自分なりに学んでいた陽転思考、積極思考を実体験。また多くの方々との出会いの中で目に見えない世界をへの洞察が広がっていく。その間も詩、曲ともオリジナルの歌を歌い続けて40余年。「自分に正直に生きる」「あなたはあなたのままでいい」「自分を好きになろう」「いくつになっても夢を見ていい」等の、自らの等身大の生き方がそのまま曲となり多くの人々の心に直接響き、心のカタルシス(浄化)を促すシンガーとして世代を超えて全国にファンが広がっています。深く甘く澄んだ癒しの声とメッセージ性の高い歌詞、ゆらぎとなって聴く人の心の奥に沁み込んでくる歌い方から、音霊と言霊のメッセンジャーとも称されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です