補足です~レコード会社時代の話

 

ここ数日、2つあるYouTubeチャンネルの整理をしておりました~。
より多くの皆さまに観ていただく工夫を勉強して、少しずつ実行して
いました~。若い方々はその辺素晴らしいですね~。若者の皆さんの
ブログ等からたくさん学ばせていただきました。

さて、樫原玄ラジオ1で話したこと。
WPレコード会社時代の云々の部分。
あれ、自分は歌手としてそこに居た訳ではありません。
社員として、ビッグな歌手の方々の宣伝、プロモーション等を
していました。主にラジオ放送局や雑誌社回り。
青春真っ盛り、という頃ですね~。

その後、他のセクションに異動することになるのですが、
その辺のことはまた後日ということで~ !(^^)!。

ということで、今日のご挨拶代わりのチョイ出しソング。

♪パントマイム を聴いてください。

詩・曲 樫原玄

自由を気取り 自在と信じ
不自由という名の孤独を得る
それでも心 叫びつづける 時代のせいにするなと
まだ見ぬ未来の先に 夢見ることに疲れるな
傷つくことを恐れず もっとしなやかになれ

以上、今日の樫原玄ラジオでした。
ありがとうございます~。

投稿者: Kashihara Gen

大学卒業後いくつかの職場を経験した後、外資系ロックレーベルが大人気のレコード会社洋楽部に5年間勤務。この間聴いた様々な音楽、コンサートはその後の曲作りに大きな影響を与えました。その後別の外資系企業で 自分なりに学んでいた陽転思考、積極思考を実体験。また多くの方々との出会いの中で目に見えない世界をへの洞察が広がっていく。その間も詩、曲ともオリジナルの歌を歌い続けて40余年。「自分に正直に生きる」「あなたはあなたのままでいい」「自分を好きになろう」「いくつになっても夢を見ていい」等の、自らの等身大の生き方がそのまま曲となり多くの人々の心に直接響き、心のカタルシス(浄化)を促すシンガーとして世代を超えて全国にファンが広がっています。深く甘く澄んだ癒しの声とメッセージ性の高い歌詞、ゆらぎとなって聴く人の心の奥に沁み込んでくる歌い方から、音霊と言霊のメッセンジャーとも称されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です