2016年12月26日 クリスマスの翌日

早いもので2016年も残り数日。結構慌ただしい師走だったので、今は殆どのことをやり終えた感じで本当に久々のブログ更新となります。この数日体調イマイチでしたが、だいぶ良くなってきました。PCに向かっていることが多いのでやはり運動不足になりがちです。

今年予定のコンサートも無事終了。ホットしています。
軽く、設置をスピーディーにしようと随分いろいろ音響機材関係も購入してしまったけれど、結局従来のものが一番スピーディーで軽いかもしれないということが見えてきました。これもトライしたから分かったこと。意味はあったと思います。アンプ、ミキサー、スピーカー等はコンサート以外でも使えるので、じっくり音楽を聴きたい時には家庭用よりもPA用が意外と良い音がするということも見えてきました。

来年の夢、抱負ということも自分なりに解っているつもり。「これが実現したら正に自分の人生、自己実現」というのが何かも解っているつもり。
とりあえずは、来年はもっと読書の中に喜びを見出したいかと。「晴耕雨読」は一つのテーマでもあったわけですから。

世界的、世の中的にはいろいろありますが、自分なりに満ち足りた日々を来年も目指したいと思います。1年間ありがとうございました。

投稿者: Kashihara Gen

大学卒業後いくつかの職場を経験した後、外資系ロックレーベルが大人気のレコード会社洋楽部に5年間勤務。この間聴いた様々な音楽、コンサートはその後の曲作りに大きな影響を与えました。その後別の外資系企業で 自分なりに学んでいた陽転思考、積極思考を実体験。また多くの方々との出会いの中で目に見えない世界をへの洞察が広がっていく。その間も詩、曲ともオリジナルの歌を歌い続けて40余年。「自分に正直に生きる」「あなたはあなたのままでいい」「自分を好きになろう」「いくつになっても夢を見ていい」等の、自らの等身大の生き方がそのまま曲となり多くの人々の心に直接響き、心のカタルシス(浄化)を促すシンガーとして世代を超えて全国にファンが広がっています。深く甘く澄んだ癒しの声とメッセージ性の高い歌詞、ゆらぎとなって聴く人の心の奥に沁み込んでくる歌い方から、音霊と言霊のメッセンジャーとも称されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です